Research/研究と成果

メープルシロップ 機能性と健康効果

ケベック・メープル製品生産者協会は、メープルシロップの健康効果に関して、カナダやアメリカ、そして日本の研究機関と国際的なネットワークを構築し、さまざまな分野の第一人者とともに研究を進めています。
 
自生のサトウカエデ(メープル)の樹液を煮つめただけの100%天然食品、メープルシロップ。その長い歴史と伝承に秘められた事実が、最先端の科学によって、明らかになりつつあります。

 
植物ホルモンの一つ、アブシシン酸が発見されました。
血糖値がしょ糖のように急上昇しないことが明らかになりました。
 


カナダ ラバル大学
 
 カナダのラバル大学のデジャルダン博士は、メープルシロップにはアブシシン酸ファミリーの植物ホルモンが相当量含まれていることを明らかにしました。これらの植物ホルモンは、インスリン抵抗性の発症を抑える作用を持つ可能性があります。アブシシン酸や、その代謝物であるファゼイン酸には、筋肉への糖の取り込みを活発にし、膵臓からのインスリン放出を促し、脂肪細胞へのインスリン感度を高める可能性があるため、メタボリックシンドロームや糖尿病に対して有効な武器となり得るのではないかと期待されています。

また、同大学のマレッテ博士は、動物実験でメープルシロップの血糖値に影響すると考えられる作用について、しょ糖と比較した場合の結果を明らかにしました。ラットにメープルシロップを加えた餌を与えても、しょ糖を与えた時のような血糖値の急上昇が見られませんでした。

 

 抗酸化物質、ポリフェノールが65種類特定されました。



ロードアイランド大学
 
 アメリカのロードアイランド大学のシーラム博士は、メープルシロップには65種類のポリフェノールが含まれ、そのうち9種類がメープルシロップ特有の成分であることを明らかにしました。科学文献によると、メープルシロップとメープル樹液で存在が確認されたポリフェノールの幾つかには、激しい運動後の炎症や筋肉の損傷を軽減し、回復を早める可能性があります。また、その抗酸化作用によって、急激な運動によるダメージを改善します。

ポリフェノールは、活性酸素を抑える働きをもつ抗酸化作用をもっています。活性酸素は、物質を酸化させる力が強い酸素のことで、肌のしみやしわといった老化現象から、動脈硬化やがんなどの生活習慣病の原因ともされています。その活性酸素をおさえる抗酸化作用をもつポリフェノールに、抗高齢化や抗生活習慣病など健康に有益な効果をもたらす可能性があることが明らかにされています。
 
 
遺伝子の動きを比較分析する「ニュートリゲノミクス」*1による「未病改善食品評価」を行っています。
 
 
東京大学大学院 神奈川科学技術アカデミー

   
 日本では、2009年より、地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(旧公益財団法人神奈川科学技術アカデミー)の食品機能性評価グループリーダーで東京大学大学院農学生命科学研究科名誉教授の阿部啓子博士が率いる研究チームが、カナダ・ケベック州産メープルシロップの研究を行っています。

*1「ニュートリゲノミスクス」(遺伝子の動きを比較・解析する研究方法)
食品の安全性と機能性を、遺伝子の転写量を分析することにより解析する学問。特定の食品を摂取した際に、体の各組織がどのように反応するかを解析し、食品生体作用のメカニズムを解析する研究方法です。食品科学を飛躍的に発展させるものとして注目されています。
 

「未病を改善する」とはどういうことでしょう?「未病」は病気ではありません。病気に向かっている状態をいいます。たとえば将来、高血圧、脂肪肝、糖尿病などの生活習慣病になる予兆のある状態です。その未病を改善するためには、人に備わる常に健康でいようとする働き(生体の恒常性維持機能:ホメオスタシス)を高めることが大切です。この働きを高めることに、私たちが日々食べているものが深く関わっています。

1. 2011年、肝臓を保護する可能性があることが明らかになりました

阿部啓子博士の率いる共同研究チームが、メープルシロップに肝臓を保護する可能性があることを発表しました。メープルシロップを含む餌と砂糖水溶液を含む餌をラットに与え、血液中の成分を評価した結果、メープルシロップ食を与えた群では、肝機能障害の程度を評価する血液中のマーカー*2(AST, LDH)が減少しました。そこで、肝臓の遺伝子の動きを比較、分析したところ、アンモニア生成に関与する酵素の遺伝子の発現が減少していました。これは、メープルシロップの摂取が、臓器に障害を与えるアンモニアの生成を抑制していることを示唆しています。
 
*2 マーカー
ある病気の存在、進行度や人の体の状態を客観的に測定し評価するための指標で、医療における診断や治療に用いられるものです。

2. 2014年、脂肪分の多い食事の摂取で起こる肝臓の炎症を緩和する可能性が明らかになりました

この実験は、2011年の肝臓の保護作用を示唆した実験を検証するため、メープルシロップから有効成分(ポリフェノール)を抽出したMSX(Maple Syrup Extract)を用いて行われました。マウスに「通常食」「高脂肪食」「高脂肪食+MSX」のいずれかを摂取させ、肝臓にあるすべての遺伝子の動きを比較、分析しました。その結果、MSXを摂取したマウスに、炎症関連遺伝子の発現の減少が見出されました。これは、高脂肪食摂取により起こる肝臓の炎症が、MSXを摂取することにより緩和される可能性を示唆しています。
   
 
高脂肪食を摂取することでエネルギー代謝は変化し、それに伴い臓器に炎症などが引き起こされます。炎症はさまざまな疾患の原因のひとつです。この炎症を抑えることが、病態の改善に繋がると考えられています。
(2015年Bioscience, Biotechnology & Biochemicalに論文発表)

3. 2016年、高脂肪食で起きる肝臓の代謝の悪化を緩和する可能性があること、さらに、肝臓の酸化を抑制する可能性があることも分かりました

この実験は、2014年に発表されたメープルシロップが肝臓の炎症を緩和する可能性を再検証し、新たな機能性を明らかにするために実施されました。今回の実験にもMSXが使われました。マウスに「通常食」「高脂肪食」「高脂肪食+MSX」のいずれかを摂取させ、肝臓にあるすべての遺伝子の動きを比較、分析しました。その結果、「高脂肪食+MSX」を摂取したマウスにおいて、その肝臓の代謝の悪化を緩和する可能性があることが分かりました。
さらに、抗酸化作用をもつペプチド「グルタチオン」を作り出す働きを助ける作用が、MSXを摂ることにより起こることが分かりました。このことから、メープルシロップには体の酸化を抑制する抗酸化作用を促す可能性が示されました。
(2017年 online 版 Molecular Nutrition & Food Research に論文発表) 

4. 2017年、ヒト試験が行われ、メープルシロップの摂取により人の血液中の遺伝子の発現に変化があることと、その一部に免疫に関係するものが含まれていることが明らかになりました

今後、さらに抗酸化と抗炎症作用、そして免疫機能に関する研究を進め、メープルシロップが「常に健康でいようとする働き=生体の恒常性維持機能」を高め、未病の改善に貢献する可能性を評価する研究が検討されています。

<研究対象に肝臓が選ばれた理由>

肝臓の主な働きは代謝と解毒です。代謝は新陳代謝の略で、外界から取り入れた栄養素を素材として化学反応をおこし、体に必要なものに変えていく働きです。食べ物の栄養素は腸で吸収されます。肝臓はその栄養素を加工し、全身の組織に必要な形に変えて送り出す臓器です。例えば、糖であれば脳などへ、アミノ酸であれば筋肉などへ、そして脂肪であれば脂肪組織などへ送り出します。そしてそれらの栄養素は、それぞれの組織で利用され、体を正常に維持する働きをします。そのため、糖、脂肪、タンパク質、アルコールなどの代謝に関わっている肝臓の機能低下は、生活習慣病やメタボリック症候群の発症・進行に密接に関わっていきます。一連の研究は、このように臓器の中で最も重要な役割を担っている肝臓の代謝機能に注目して行われました。
   

← メープルシロップの機能性 管理栄養士 安中千絵 研究成果のニュースリリース →

HOME > Research/研究と成果 > メープルシロップ 機能性と健康効果