News
カナディアンメープルシロップに関するお知らせ
[2019年1月4日]

ケベック・メープル製品生産者協会、丸の内ハウスと協賛
カナダ産メープルシロップの神秘性と真価を訴求するメープルフェア
“カナダ大自然の恵み、インクレディブル・メープル”を開催

ケベック・メープル製品生産者協会は、1月21日(月)から2月3日(日)まで、新丸ビル7階の丸ビルハウスの協力を得て、同所にて、メープルフェア「カナダ大自然の恵み、インクレディブル・メープル」を開催いたします。目的は、神秘的な食材、カナダ産メープルシロップの真価を知っていただくことにあり、フェアは3つの要素で構成されます。

1つは丸の内ハウス内の9店舗の飲食店とのコラボレーション。メープルの甘味料だけでなく香味料としての可能性を広げるオリジナルメニューを開発いただき、お客様にそれを味わっていただきます。

2つ目は、ライブラリーとその前の壁面を使ったフォトギャラリー。カナダの大自然から生まれる神秘的な食材のインクレディブルな世界をヴィジュアライズします。

3つ目は、インスタグラムキャンペーン。フェア中のメープルに関するものを投稿、または@maplecanadajpをフォローした来場者には、メープルのミニボトル、トートバッグなどメープルの記念品をさしあげます。

メープルシロップは、カナダの大地の水分を吸い上げたカエデの樹液を煮詰めただけの天然食品です。そのため、美味しさも含めて、大自然の恵みがいっぱいです。ミネラルやビタミン、そしてポリフェノールなど、健康や美容にさまざまな効果があるといわれている成分が含まれています。

神秘のベールにつつまれたカエデの樹液が収穫されるのは北米大陸の東北部に広がるカエデの原生林に限られ、また採取時期は雪が解ける頃のごく短い期間に限られています。さらに不思議なことに、同じカエデの森から採取された樹液を同じ煮詰め小屋(シュガーハウス)で同じ方法で煮詰めても、できあがるメープルシロップは、採取の時期が経るにつれて、ゴールデン、アンバー、ダークと色彩も風味も増していき、ベリーダークで樹液の採取は終わります。
 
会期 2019年1月 21日(月)〜2月3日(日)
会場 丸の内ハウス(東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル7F)
内容
  1. 丸の内ハウス9店舗の飲食店とのメニューのコラボレーション
  2. 壁面装飾とライブラリーを使ったフォトギャラリー&ディスプレイ
  3. ライブラリーを拠点としたSNSイベント
    25日(金)26日(土)27日(金)17:00−21:00
主催 ケベック・メープル製品生産者協会
協賛 丸の内ハウス
 





プレスリリース(PDF)はこちらをご覧ください。

PDFデータをご覧になるには
Adobe Readerが必要です。

カナディアンメープルシロップ ケベック・メープル製品生産者協会 > お知らせ > ケベック・メープル製品生産者協会、丸の内ハウスと協賛 「カナダ大自然の恵み、インクレディブル・メープル」を開催