News
カナディアンメープルシロップに関するお知らせ
[2016年10月28日]

食品業界向けメープル ウェルネスセミナー2016を開催
ポリフェノールを多く含むメープルは栄養素の百貨店! 血糖値の上昇を緩やかにする作用も

ケベック・メープル製品生産者協会(カナダ・ケベック州)は、在日カナダ大使館の協力のもと、2016年10月27日(木)にカナダ大使館において、カナダ・ケベック州産のメープルシロップの栄養価をわかりやすく紹介するセミナーを開催しました。セミナー後は、カナダ・ケベック州産メープル製品を使用した料理を試食するレセプションを開催。約200名の食品関連業者、研究者、及びプレスが、セミナーとレセプションに参加しました。

セミナーでは、管理栄養士の安中千絵氏が、メープルシロップの栄養価、特に、その高い含有率を誇るポリフェノールに関して、他の食物と比較しながら解説。さらに、血糖値をゆるやかに上昇させるなどのメープルシロップの特性、また食品表示における薬事法に関する情報などをわかりやすく説明しました。続いて、阿部啓子東大名誉教授が率いる研究チームの公益財団法人 神奈川科学技術アカデミー研究員で博士(農学)の亀井飛鳥氏が、メープルシロップには肝臓のマーカーを低下させる作用があることをわかりやすく解説。脂肪分の多い食事を摂ることにより臓器の炎症は引き起こされますが、その炎症を緩和する可能性がメープルシロップに見いだされたことを説明しました。炎症はさまざまな病気を引き起こす一因となり、炎症を抑えることは、病気にむかっている『未病』状態の改善へと繋がります。なお、メープルシロップの可能性についての研究は現在も続いており、2017年の初夏には、現在行われているヒト介入実験の結果から、更なるメープルシロップの効能が発表されることが期待されています。

セミナー後のレセプションでは、カナダ・ケベック州産メープルシロップ、メープル製品を使用した料理を試食。参加者には、メープルシロップの栄養価と美味しさ、汎用性の高さを、改めて体験、認識していただきました。

プレスリリース(PDF)はこちらをご覧ください。

PDFデータをご覧になるには
Adobe Readerが必要です。

カナディアンメープルシロップ ケベック・メープル製品生産者協会 > お知らせ > 食品業界向けメープル ウェルネスセミナー2016を開催