メープルランナーズプロジェクト2015

メープルパワーで目指すは初フルマラソン完走!
つくばマラソンに向けて20人の挑戦が始まった

メープルランナーズプロジェクト2015

カナダ産メープルシロップを日常食やトレーニング中の食事に取り入れて、つくばマラソンで、初フルマラソン完走を目指す!というテーマで8月から9月にかけて募集が行われた「メープルランナーズプロジェクト2015」。186名の応募の中から、10倍以上の倍率を潜り抜けて選ばれた幸運な20名のチャレンジがいよいよ始まります。
つくばマラソン(11月22日開催/茨城県つくば市)といえばフラットなコースで走りやすいことで知られていますが、フルマラソンには変わりありません。42.195kmを走り抜かなければいけないのです。しかも今回の応募条件はフルマラソンを完走した経験が無いこと。そんな未知なる距離に挑むメープルランナーズをサポートするのは、昨年に引き続いて3人のメープル、栄養、ランニングのスペシャリストたち。
はたして20名は、11月22日に笑顔でゴールを迎えることができるのか。このコラムでは、そんなメープルランナーズたちのチャレンジを追っていきます。

メープルランナーズプロジェクト2015
「つくばマラソン大会を走ろう!!キックオフセミナー」

■開催日/9月26日

つくばマラソン完走に向けて、その第一歩となるキックオフセミナーが行われました。
まずは正しい知識を身に付け、約2カ月後の本番を目指します。

麻見直美先生「日頃食べている食事の調味料、例えばみりんをメープルシロップに変更したり、シンプルに食べているヨーグルトやチーズなどにかけたりすることで、日頃ランナーが摂取しておきたい栄養素の中でも不足しがちなビタミンB2やカルシウムを補えます」
と話してくれたのは、筑波大学で体育系運動栄養学を教える麻見直美先生。
カナダ産メープルシロップに含まれる糖は、身体に早く吸収され、すぐにエネルギーとして使うことができます。そしてそのエネルギー変換に必要なビタミンB1、B2も豊富。さらに脚つり防止のカリウムや、疲労を軽減させる効果があると言われているポリフェノール、骨を作るカルシウムも含まれています。しかも様々な食事にあわせやすく、味も美味しいので、汎用性が高い。ランナーならば、一家に一本はカナダ産メープルシロップを持っておきたいところです。

岩山海渡コーチフルマラソン2時間20分16秒という素晴らしい記録を持つ岩山海渡コーチからは、フルマラソン完走の3つのポイントを挙げてもらいました。
1.なんといってもトレーニングが大事
過去のデータを見ると、週3回以上、レース前までに1度に15㎞以上の距離走を経験した人は、完走率が高まる
2.オーバーペースにならないように注意
全員に共通することだが、特に「初心者の」「若い」「男性」は失速する傾向が強いため要注意。
3.予行演習をしておきましょう
可能ならば事前に他の大会でハーフマラソンを経験しておくと、良いトレーニングになるとともに大会の雰囲気をつかむことができます。

安中千絵先生管理栄養士の安中千絵先生は、食事やスポーツ時の給水に有効である経口補水液風飲料に、メープルシロップを使った場合のレシピを紹介。講義の後半では、実際にそのレシピによってつくられた料理の試食タイム。前述の経口補水液風飲料2種類(トマト・レモン)のほかアボガドの味噌漬け、カナダ風豆スープ、きんぴらいなり、焼豚、メープルナッツが並べられると一同歓声とともに、初対面で緊張気味だった20名も、ようやく和気あいあいとした雰囲気になってきました。
(詳しいレシピはこちら:
https://maplefromcanada.jp/recipe10/

試食タイム

かくしてキックオフイベントは無事終了、きたる11月22日の本番までのカウントダウンが始まりました。

メープルランナーズVoice

南章行さん(40歳)目標タイム:4時間

走れる喜びを力に

学生時代からラグビーを続けてきましたが無理がたたり一時は歩くのも困難な状況に。パーソナルトレーニングにより姿勢のバランスを整えていったところみるみる回復、うれしくなって昨年8月から走り始めました。徐々に走行距離も延び4月にはハーフも完走。今回の当選に背中を押されたと思って、つくばマラソンに挑みます。

石川英彦さん(55歳)目標タイム:5時間30分

夫婦二人三脚で完走を目指します

2年前の人間ドッグで血圧がひっかかって以来、知人の勧めもあって走り始めました。景色を楽しみながら10㎞先のおそば屋さん、息子のサッカーの試合会場まで、など目的地を定めて走るのが好きです。今回のセミナーには妻も同行してメープルシロップのレシピを習得したので、実践しながら二人三脚で完走を目指します。

鈴木梓美さん(38歳)目標タイム:4時間30分

「マラソン走った」とは
フルマラソンを完走したこと

学生時代は文化部でまるで運動オンチ。それでもランナーの友人たちに2年越しでくどかれて去年の元旦から走り始め、すでに10㎞、ハーフ、30㎞を完走。「マラソン走ったとはフルマラソン完走したことを言うんだよ」という友人の発言に奮起して今回のチャレンジになりました。マラソンは飲み食いを我慢しないでいいのも魅力ですね。

中村高生さん(45歳)目標タイム:4時間20分

狙うは初マラソンで4時間切り

主に作曲・アレンジをしている中村さん。2年前から走り出し、慣れてきた頃からは走りながら曲(特にリズム系)が浮かんでくることもあるそう。人生の2大目標は富士山登頂とフルマラソン完走。フルマラソンのチャレンジが思ったより早くきてしまったけれどこれを機に一念発起。得意の料理にメープルシロップを取り入れて、心の中では4時間切りを目指します!

小山晃敏さん(48歳)目標タイム:4時間59分

メープルがこんなに
ランナーに良いとは驚きです

中学では陸上中距離、高校・大学では自転車と学生時代はスポーツ三昧。2年半前にSNS系の‘丙午(ひのえうま)コミューン’の友人に誘われ久しぶりに身体を動かすことに。これまでにハーフは3回完走済み。新婚旅行がカナダだったこともありメープルシロップに思い入れはあったけれどここまでランナーに有効とは。料理に取り入れてしっかり走りきります!

土屋ちあきさん(37歳)目標タイム:4時間30分

走る主婦、食生活にも気を付けます

産後太りの解消と続けているバスケットの持久力アップのために3年前から始めたランニング。今ではハーフを中心にレースにも出場していますが、目標だったハーフ1時間45分切りを果たした途端、達成感で気持ちが緩んでしまいました。今回のセミナーで食べて身につけることを学んだので、食生活にも気をつけながら気持ちを切り替えてがんばります!

上野あゆみさん(24歳)目標タイム:5時間

ライバルは母です!

来春卒業する大学ではボート部に所属し、戸田で漕ぎ続けている時からトレーニングの一環として走っていましたが、フルマラソンを走るにあたり、そのノウハウがわからず今回の応募となりました。母親と一緒に3月の名古屋ウィメンズマラソンを走ると約束してしまったので、つくばをしっかり走り切って名古屋に活かしたい、そしてできれば母親に勝ちたい!と今から意欲満々。