フィットネスコラム 筑波大学 准教授 麻見 直美

身体の疲労回復とベースづくりに力を発揮する【抗酸化成分】ポリフェノール

身体の疲労回復とベースづくりに力を発揮する
【抗酸化成分】ポリフェノール

「いい練習のためには疲労を抜くことが大切」というフレーズは、ランナーならよく耳にすると思います。この疲労に関わっているのが、「酸化ストレス」です。酸化ストレスは、例えば高強度の運動を行うことによって発生した多量の活性酸素を、自前の抗酸化力では消去仕切れない場合のように、酸化と抗酸化がアンバランスとなったときに生じます。 すなわち、運動実施により多くのエネルギーを消費しますが、そのエネルギーが作られるときには一定の割合で、活性酸素もできてしまい、その活性酸素を自前の抗酸化力では消去仕切れなくなって余剰の活性酸素が体内に残留することになるのです。
私たちが生きるためにはエネルギーが必要で、そのエネルギーを作り出すために酸素が使われます。しかしその過程で発生してしまうのが活性酸素。活性酸素には外敵から身を守るという大切な働きもあるのですが、過度なトレーニングなどで大量にできてしまうと、細胞を傷つけ筋肉の動きを鈍くしてしまい、パフォーマンスの低下や、身体の疲れを引き起こす原因になると言われています。
身体の抗酸化力は「適度な運動で高まる」といわれているので、ランナーは、走らない人に比べると高い抗酸化力があるはず。しかし酸素を大量に必要とする練習を続けると、自身の抗酸化力だけでは補えません。市民ランナーにとって抗酸化対策は必須。抗酸化力を高めるために、抗酸化成分をしっかり身体に取り入れておきましょう。

 

身を守るための“盾” となるポリフェノール

抗酸化成分としてよく知られているのがポリフェノールです。ポリフェノールは植物が暑さや寒さといった厳しい自然環境から植物自身の身を守るために作り出す成分で、メープルシロップを採取するサトウカエデは、カナダ・ケベック州の過酷な冬を生き抜くためにたくさんのポリフェノールを蓄えています。
その種類は63種類!大さじ1杯分で比べるとEVオリーブオイルやはちみつの約2倍(※)もの抗酸化力があります。
 
 

毎日のメープルがトレーニングを継続できる身体をつくる

メープルシロップのポリフェノールの効力を存分に享受するためには、普段からとっておくことをおすすめします。ポリフェノールは、日頃から摂取することで身体の疲れを軽減し、故障や不調を防ぎ、質のよい練習につながる成分。 長いスパンで考えれば身体のベースが整い練習を続けても疲れが貯まりにくい身体になり、タイム向上にもつながるという好循環も考えられます。毎日楽しく、快適なランニングを続けるために、メープルシロップを習慣にしてはいかがでしょう。

 
※ORAC値で比較。ORAC値は、米国で開発された活性酸素吸収能力を示す指標。 
 
HOME > 運動能力を高めるメープル > フィットネスコラム 筑波大学 准教授 麻見 直美 > 身体の疲労回復とベースづくりに力を発揮する【抗酸化成分】ポリフェノール